ボディワーク始めて

 平成3年頃と平成7年頃ボディーワークの教室に行きました。

 そこで、色々なことを教えてくれましたが、記憶に残るのは次のことです。

回転型、左右型、前後型
 姿勢や顔の区分です。簡単に言うと、回転型はねじれていて、前後型は前後の差が大きく、左右型は左右の差が大きい。回転型は、経営者に多く、巻き込むのが得意。前後型は猪突猛進型。左右型は考えることが好き。
 人の姿勢を観察しながら考えるのも面白いものです。
身体と心は関連する
 だらしのない歩き方をするとだらしのない気持ちになり、だらしない気持ちの人はだらしない歩き方をする。
 そのため、正しい姿勢は大事。
 猫背になると、気持ちまで猫背になる。
 なるほど、と思いました。
 周りを観察しても、納得いきませんか。  
悪いものは、人の身体を悪くする
 悪いマーク(人の怒った顔の絵など)は、人の身体を悪くする。
 うつぶせに寝ていて見えない状態で、悪い絵を腰に置くと、足の長さが狂う。
 実験するのですが、実際そうでした。とすると、人が怒っているのは嫌なものですが、相手の身体も自分の身体も悪くなっているのかもしれません。
左右で、得意不得意がある
 左側に座りたい人と右側に座りたい人がいる。
 人が寄って来る時も、片方は平気であるが、片方は圧迫感を感じる。
 当時は、ここまで習ったのですが、今は、左右差をなくすことにより、広がりが出るのだと思います。
歩く時のリードの仕方
 歩くとき、足から歩く人、かかとから歩く人、おなかから歩く人、胸から歩く人、頭から歩く人がいる。
 足から歩く人は現実を重視する人。
 胸から歩く人は感情、頭から歩く人は頭・・・。
 なお、歩き方で判断しますが、抑えられると動けなくなるところが、リードの場所です。
 これについても、意識しなければ、変わらないですが、変えることができるのだと思います。

 面白かった・・