9つのタイプ

各タイプの特徴

 エニアグラムでは、人は9タイプに分かれると考えています。

 以下、それぞれのタイプの説明です。

 各タイプ毎に動機やが異なり、違う星の人と思った方が良いのです。自分の癖や、相手の癖、動機を知ることにより、無用なトラブルや誤解を回避することができ、温かい目で見ること、相手に合ったアドバイス、対応も可能となります。

 

タイプ1

 完璧を目指し、努力する人であり、自らの正義にこだわる。
 ときとして自分の正義にこだわりすぎるところがあり、融通が利かないところがある。自分の正義が全ての人にとっての正義でないことが理解できないところがある。
 自分の正義通りにいかないと怒りだす。
 きちんとした印象を受ける。ポケットチーフをしている人が多い。
 細かいことにこだわり過ぎるところがある。
 職人的な真面目さを生かすと良い仕事ができる。
 根底にマグマのような怒りがある。

 

タイプ2

 愛の人であり、人が困っていると手助けせずにはいられない。助けることにより感謝されたいという気持ちが強く、感謝されないと怒ることがある。
 華やかで声が通る。人を引きつける魅力がある。パーティーなどで人に声をかけるのが上手である。
 ハートのマークを書くのが好きである。
 エネルギーがあり過ぎて、暑苦しく感じる人もいる。

 

タイプ3

 効率が良いことを好み、成功を追い求める。
 何時も仕事のことを考えている。
 暇な時間は作らない。ボーっとしていることがない。手帳は埋まっている。
 新しいことをするのが好き。
 失敗が苦手。
 動機付けの人であり、周りの人間のやる気を喚起するのが得意である。
 経営者に多いタイプ。
 ワークショップで皆で一つの絵を描くように指示が出ると、皆で意見を出し合って効率よく作業を進め、まとまった絵を描く。

 

タイプ4

 夢見る人。人とは違っていたいと考えている人。
 変わった格好をしたり、コスプレが好き。
 体面を気にする。
 感受性豊かで優しく、勘が良い。ただ、感受性が豊か過ぎて、うつ状態になったり、引きこもったり、すねたりする。
 本当の人生はこれから始まると思っており、現実逃避しがちである。
 楽観的なナルシスト。貯金をしなくても平気だったりする。
 しっかりした人が周りにいると良い。
 自分が尊敬する人のアドバイスは受け入れる。
 皆で大きな模造紙に絵を描くように指示が出ていて、他のグル―プは一つの絵を描いているのに、このグループだけは、「人と一緒に絵は描けない」と言って、四隅に各自が絵を描いてしまう。どこの国でワークショップをやってもこのタイプはそのようにするらしい。

 

タイプ5

 知識を蓄えることを好む。ただ、大事な知識は蓄えていなかったりする。
 予測して行動するのが好きで、想定外のことは嫌う。
 傍観者であることを好み、教室の席は後ろを好む。
 愛想はよくないが、うらおもてがないので信頼できる。
 他人とは、薄くつながっていたいと考えている。
 人付き合いが嫌いではないが、あくまで薄い付き合いを好む。
 旅行の話でも、そこには○○鉄道が走っているとか、何分かかるなどの話題になる。
 「夫がそのようなことばかり言うので、一緒に旅行しても楽しくない」という妻がいた。

 

タイプ6

 安全を求め、慎重に行動する。
 強い保護者を求めて、その保護者に忠実であろうとする。
 慎重であるため、本を読む際、何度も戻りながら読むので進まないという。
 責任感が強い。真面目である。
 優しく、可愛い印象がある。
 納得のいかない権力に対しては反抗する面もある。
 眠れないと訴える人も多い。
 強いタイプの8は苦手だと言う。

 

タイプ7

 楽しいこと、快楽を追い求める、ピーターパンのような人。
 責任のあることを嫌い、何時でも楽しくしていたい。
 楽しいことを計画するのが好きで、このタイプの人が一人いると場が楽しくなる。
 子どもを育てるのには責任が伴うので、父親の役割、母親の役割から逃避したいと考える人もいる。
 責任ある行動を取ることを求めると、逃げるか、怒りだす。
 エネルギーが強いので怒りだすと、周りも大変である。
 気分の浮き沈みが激しい。

 

タイプ8

 強さを求める人。エネルギッシュで権力と戦うことに喜びを感じる。
 喧嘩を売り、これに対抗できない人は評価しなかったりする。
 喧嘩をしたことを武勇伝として吹聴するのが楽しい。
 一人でいることを好み、べたべたした人間関係は好まない。
 このように強いタイプではあるが、本当は他人が皆自分より優れて見えるともいう。強さを誇示するのは、自信のなさの表れであったりする。
 タイプ6はこのタイプが苦手だという。
 逆にタイプ3は自分が強いので、苦手意識を持たない。隣の7、9も苦手意識を持たない。
 うらおもてがないところが良い。ある意味、安心して付き合うことができる。

 

タイプ9

 調和と平和を求める人。
 ぬくぬくとしていたい。
 友達を作るのが上手である。
 時間を守ることが苦手だったり、だらしなかったり、いい加減であったりする。
 絵を描くときに丸を描くのが好きである。
 死を恐れない。自然との調和の意識がある。
 人の気持ちになることができるので、良好な人間関係を築くことができる。
 良い妻、良い夫、良い母、良い父になれる人であるが、仕事をするときには、注意しないといけない。怠け心を抑え、努力することが必要。